ビックカメラとソフマップは、6月17日から、スマートフォンの基本設定やアドレス帳の移行など、各種設定作業を代行するサービス「らくらくスマホサポート」を提供する。業界最多の多彩なサービスメニューを揃え、業界初の修理代免責保証付きプランも用意する。

 サービス開始を記念して、お得なセットメニュー「ベーシックパック」「コミュニケーションパック」「ビジネスパック」と、月々わずかな掛け金で、商品購入後の故障や破損、盗難などを保証する業界初の「プレミアムワイドサポート(修理代免責保証)」がついた「ベーシックプラン」「Wi-Fiプラン」「Wi-Fi+フルサポートプラン」を、期間限定のキャンペーン価格で提供する。

 料金は、基本設定&メール設定、アドレス帳移行、アプリインストールをセットにした「ベーシックパック」が1980円(通常価格4000円)、「コミュニケーションパック」「ビジネスパック」が3980円(通常価格7000円/8500円)、「ベーシックパック」にワイドサポート(修理代免責保証)がついた「ベーシックプラン」が初回1980円(通常価格4000円)、翌月以降月額630円など。なお、ワイドサポート(修理代免責保証)は中古品は対象外で、各通信キャリアが提供する保証サービスと、ソフマップが提供する「プレミアムCLUB 」への加入が条件となる。

ニーズの高いサービスをセットにしたお得なセットメニュー

 このほか、「基本設定サービス」「メール設定サービス」「SNS設定サービス」「ビジネスサービス設定」「本体設定サービス」「使って安心操作説明(各30分)」「オプション設定」の業界最多となる7ジャンル計30種類のサービスメニューを用意する。例えば、「SNS設定サービス」では、Twitter、mixi、Facebook、Ustream、Skypeについて、それぞれ設定を代行する。

らくらくスマホサポート・単体サービスメニュー一覧

 単体サービスの料金は、「本体設定サービス」の「OSアップグレード」が5000円、「本体設定サービス」の「ソフトウェア更新」と「使って安心操作説明」の各サービスが2500円、その他は1サービスにつき1000円または1500円。なお、サービスを申し込んだ人を対象に、「オプション設定」の「緊急地震速報/災害伝言板の設定」を無料で提供する。受付店舗は、ビックカメラ各店とソフマップ各店。