バッファローは、最大5Gbps(規格値)の高速データ転送を実現したUSB3.0規格に準拠したUSBメモリ、4シリーズ30製品を7月中旬に発売する。実勢価格で10万円を切るエントリーモデルのPCがUSB3.0ポートを備えるようになってきたのを受けて、一挙に3.0対応を進めた。

RUF3-JMSシリーズ(上段左)、RUF3-JWシリーズ(上段右)、RUF3-KWシリーズ(下段左)、RUF3-Kシリーズ(下段右)

 「RUF3-JMS」シリーズは、USB端子がスライドするキャップレスタイプの男性向けモデル。容量は8/16/32/64GBで、カラーはナイトブラック/ムーンシルバー/アースブラウン(8/16GBのみ)/オーシャンブルー(8/16GBのみ)をラインアップする。価格はオープンで、直販サイト「バッファローダイレクト」での価格は、8GBが2780円、16GBが4780円、32GBが8980円、64GBが1万7800円。

 「RUF3-JW」シリーズは、USB端子がスライドするキャップレスタイプの女性向けモデル。容量は8/16GBで、カラーはリッチブラウン/グロスピンク/ロイヤルホワイト/シャイニーコーラルをラインアップする。「バッファローダイレクト」での価格は、8GBが2780円、16GBが4780円。

 「RUF3-JMS」と「RUF3-JW」は、高速化ソフト「バッファローツールズ」をバッファローのホームページからダウンロードして利用できる。

 「RUF3-KW」シリーズは、キャップ付きで女性向けデザインの「フェリチタ」モデル。容量は8/16GBで、カラーはホワイト/ブラックをラインアップする。「バッファローダイレクト」での価格は、8GBが1980円、16GBが3380円。

 「RUF3-K」シリーズは、キャップ付きでシンプルデザインのバリューモデル。容量は8/16/32GBの3種類をラインアップ。カラーは、ホワイト/ブラックの2色を用意。「バッファローダイレクト」での価格は、8GBが1880円、16GBが3280円、32GBが6980円。