キングソフトは、5月28日、オンラインストレージサービス「KDrive」と連携するiPad向け閲覧アプリ「KINGSOFT Office for iPad」を、アップルが運営する「iTunesストア」で公開した。価格は無料。

KINGSOFT Office for iPad

 「KINGSOFT Office for iPad」は、2GBまで無料で利用できるオンラインストレージサービス「KDrive」にアップロードしたオフィス文書や画像データなどを、iPadで閲覧するためのアプリ。独自の文書変換エンジンによって、オフィス文書を高い再現性で表示する。

 iPadに保存したファイルの閲覧にも対応。「KINGSOFT Office で開く」を選択すると、「写真」アプリに保存している写真データや、「メール」アプリの添付ファイルを自動で「KDrive」にアップロードして閲覧できる。

 対応OSは、iOS 3.2以降。閲覧可能なファイル形式は、jpg、jpeg、png、bmp、pdf、htm、html、txt、wps、doc、et、xls、dps、ppt、key、numbers、pages。


「KINGSOFT Office for iPad」のダウロードページ