オリンパスイメージングは、フルハイビジョン動画撮影機能を備えたリニアPCMレコーダー「Linear PCM Recorder LS-20M」を、6月17日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

Linear PCM Recorder LS-20M

 96kHz/24bitのリニアPCM録音に対応。大口径の指向性高感度ステレオマイクを左右90度の角度で配置することで、自然でステレオ感のある録音を実現した。録音レベル設定は、オートとマニュアルを選択でき、リミッター機能によって突発的な大音量でも音の歪みを抑え、最適レベルな録音ができる。空調などのよけいな音を拾わない「ダブルローカットフィルター」を搭載する。

 最高解像度1920×1080で、MPEG-4 AVC/H.264のフルハイビジョン動画撮影機能を搭載。PCに接続すればPCカメラとしても使うことができ、Ustreamなどへのリアルタイムネット配信もできる。

 カメラは、オートフォーカスのデジタル4倍ズームレンズを搭載し、手ブレ補正や露出補正、ホワイトバランス調整、多分割測光/スポット測光に対応。被写体に接近できない状況で、ハイアングルで撮影するときに役立つ「反転録画」機能を備える。

 動画撮影時には、映像に手軽にエフェクトをかける「マジックムービー」機能で、ツートーンカラーでハイコントラストな「ロック」、カラフルな「ポップ」、レトロな雰囲気の「ピンホール」、映像の輪郭を描く「スケッチ」の4種類のエフェクトをかけることができる。

 液晶モニタは、解像度320×240の2.0型大型液晶。音の入力状態や録音時間などを表示するサブモニタを搭載し、「LS-20M」本体のだけで音声/動画編集ができる。また、別売のHDMIケーブルで、テレビと接続することもできる。

 記録メディアはSD/SDHCカードで、2GBのSDカードが付属する。サイズは、幅63.0×長さ135.0×厚さ15.9mm、重さは154g。

 オリンパスイメージングでは、「LS-20M」の発売を記念して、6月17日~9月30日、「音を録れ!動画を撮れ! LS-20M動画コンテスト」を開催。応募方法は、YouTubeに「LS-20M」で撮影した動画を「LS-20M動画コンテスト応募」で始まるタイトルでアップロードする。締め切りは9月30日。