日立マクセルは、5月24日、カセット型HDD「iV(アイヴィ)」で録画容量を自由に増やすことができるiVハードディスクレコーダー「VDR-R2000」を発表した。ダブル録画対応や内蔵HDDなどの新機能を搭載し、6月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

iVハードディスクレコーダー VDR-R2000

 地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2基を搭載し、ダブル録画に対応したほか、ハイビジョンで8倍、標準画質で24倍の長時間録画を実現。最大24倍の長時間録画に対応するなど、録画の利便性を高めた。録画媒体は「iV」のほか、新たに250GBの内蔵HDDを備えた。パナソニック製「DMR-BZT900」など、AVネットワークダビング対応のBDレコーダーに、「VDR-R2000」で録画したコンテンツをコピー/ムーブすることで、BDにダビングすることができる。3D映像の録画・再生にも対応する。

 「おすすめ番組」「Gガイド注目番組」「キーワード自動録画」の機能を備え、撮りたい番組を探しやすいように操作性を向上。例えば「キーワード自動録画」は、録画履歴から独自のアルゴリズムによって自動で好みの番組をオススメする。

250GBの内蔵HDDやSDカードスロットなどを搭載

 ネットコンテンツに対応し、テレビ版 Yahoo、TSUTAYA TV、アクトビラ、有害サイトへのアクセスをブロックするi-フィルター for TV、PCやスマートフォンの写真がテレビで楽しめるNikon my Picturetown on TVなどを利用することができる。SDカードスロットを備え、デジカメで撮影した写真やAVCHD形式の動画の再生が可能。サイズは、幅297×高さ66×奥行224mm、重さは2.3kg。

松岡建志商品開発本部長

 発表会で松岡建志商品開発本部長は、「前機種の『VDR-R1000』は、既存のアナログテレビの地デジ対策をターゲットとしたエントリーモデルという位置づけだった。今回の新製品は、レコーダーを含めて幅広く訴求したい」と、販売への意気込みを示した。また、価格について、「より多くの方々に使っていただきたいという思いで、当社としては4万円前後を想定している」と述べた。