アイファイジャパンは、スマートフォンやタブレット端末に画像を直接転送できる、無線LAN内蔵メモリカード「Eye-Fi Mobile X2」8GBを、5月18日に発売する。価格はオープンで、同社オンラインストアでの販売価格は7980円。また、同日からEye-Fiカードから直接画像を受信するためのiOS/Android対応アプリ「Eye-Fiアプリ」の提供を開始する。

「Eye-Fi Mobile X2」(左)とパッケージ

 「Eye-Fi Mobile X2」は、無線LAN環境がない状況で、「Eye-Fi Mobile X2」自身がアクセスポイントになってモバイル端末に画像を転送する「ダイレクトモード」を備える。デジタルカメラで撮影した画像や動画を、すぐにスマートフォンやタブレット端末で閲覧・編集・保存でき、スマートフォンの3G回線を経由することで、撮影した画像や動画をインターネット上のSNSなどで簡単に共有できる。

 「Eye-Fiアプリ」のiOS版はアップルの運営する「iTunes Store」から、Android版はGoogleの運営する「Androidマーケット」から無料でダウンロードできる。

 アイファイジャパンは、「Eye-Fi Mobile X2」の発売に伴い、5月11日に「Eye-Fi X2」シリーズのラインアップとオンラインストアでの販売価格を変更。「Eye-Fi Pro X2」の販売価格は1万5800円から9980円に、「Eye-Fi Connect X2」は6980円から5980円にそれぞれ値下げし、「Eye-Fi Explore X2」の新規出荷を終了する。