サイバーリンクは、マルチメディア再生ソフト「PowerDVD 11」のダウンロード版を4月21日に発売した。パッケージ版は4月28日に発売する。同時に、iPhone/iPad/iPod touch、Android端末に対応するアプリ「CyberLink PowerDVD 11 Remote」を発売する。

左から、PowerDVD 11 Ultra、PowerDVD 11 Ultra アップグレード版、PowerDVD 11 Standard

 「PowerDVD 11」は、ブルーレイ(BD)やDVDなどの各種メディア、動画や音声、画像などのファイルに対応したマルチメディア再生ソフトの最新版。DVDのアップスケール再生や、Blu-ray 3Dをはじめとする3D動画の再生にも対応。2DのDVDや動画を、リアルタイムに3D変換して再生することもできる。

 独自の補正技術「TrueTheater」によって、アップスケール再生時のブロックノイズを低減するほか、輝度や手ブレの補正ができる。2chのステレオスピーカーで、擬似的にサラウンド音声を出力する「TrueTheater Surround」を搭載する。

 最新版は、ソーシャルネットワークとの連携を強化し、FacebookやYouTube、Flickrの動画と画像の視聴に対応。Facebookではフレンド登録した友人や家族のアルバム表示、YouTubeでは動画の再生画質の選択ができる。

 DLNAサーバー機能をもつテレビやレコーダーに録画したコンテンツの再生に対応。iPhone/iPad/iPod touchとAndroid端末からリモート操作する「CyberLink PowerDVD Remote」との連携機能を備えた。端末で撮影した動画や画像を、ネットワーク経由でPCに転送したり、タッチパネルをPCのマウスパッドとして使ったりできる。ピンチ操作による画像のズームイン・ズームアウトにも対応する。

 価格は、ダウンロード版の「PowerDVD 11 Ultra」が1万1800円、「PowerDVD 11 Ultra アップグレード版」が8800円、「PowerDVD 11 Deluxe」が9800円、「PowerDVD 11 Deluxe アップグレード版」が6800円、「PowerDVD 11 Standard」が4900円。

 パッケージ版は、「PowerDVD 11 Ultra」が1万3440円、「PowerDVD 11 Ultra アップグレード版」が1万1340円、「PowerDVD 11 Standard」が5229円。

 「CyberLink PowerDVD 11 Remote」の価格は、「PowerDVD Remote(PowerDVD 11 Standard 版)」が600円、「PowerDVD Remote FREE(PowerDVD 11 UltraおよびDeluxe版)」が無料。