NTTドコモの100%子会社である米NTT DOCOMO USA, Inc.(ドコモUSA)は、米国で日本人ユーザー向けの携帯電話サービス「DOCOMO USA Wireless(ドコモ・ユーエスエー・ワイヤレス)」を、米国時間の4月6日に開始する。

「DOCOMO USA Wireless」のロゴ

 「DOCOMO USA Wireless」は、日本にかける国際電話と日本で使う国際ローミングサービスを低価格で提供する2G(GSM/GPRS)ネットワークサービス。これから米国に渡航する、またはすでに米国に住んでいるユーザーが手軽に携帯電話を利用できる。

 一般的に米国で携帯電話を契約するときに必要な社会保障番号(Social Security Number)や、米国で発行したクレジットカードの利用履歴をもっていないユーザーでも、パスポートなどがあれば申し込みができる。

 サービスエリアは全米50州で、料金は月額使用料15ドルから。余った無料通話分は翌月に繰り越しできる。対応端末は、Nokia 2720、Nokia 2730、BlackBerry Curve 9300(日本語対応)。日本語で対応するコールセンターを24時間開設する。

 サービスの開始に伴い、「DOCOMO USA Wireless」の契約と同時に「BlackBerry Curve 9300」を購入すると、端末価格400ドルが80ドル(2年契約の場合)で購入できるキャンペーンを実施する。期間は4月6日-6月30日。