ドルビージャパンは、12月3日、六本木ヒルズの「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」に、話題の映画や音楽などを体験できるエンタテインメント・コミュニティスペース「DOLBY × TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space」をオープンした。

近未来的な雰囲気が漂う「DOLBY × TSUTAYA TOKYO ROPPONGI Entertainment Space」

 第1弾として、12月17日から全世界同時公開するディズニー映画の最新作『トロン:レガシー』の予告編を最新のドルビーサラウンド7.1で事前体験できるキャンペーンを展開する。

 ドルビーサラウンド7.1は、より高度な音響表現ができる最新のサラウンド技術。従来の左・右のサラウンドゾーンのほかに、新たに加わった左・右バックのサラウンドゾーンで構成する。二つのバックサラウンドゾーンが加わったことで音の方向感が向上し、映画の視覚的インパクトに合うあらゆる表現に対応した音響を提供できる。現在、日本で97スクリーンが対応している。

 12月3日は、オープニングイベントとして、『トロン:レガシー』に登場するバイクを展示するほか、視聴体験した人を対象にプレゼント抽選を実施する。景品は『トロン:レガシー』の映画鑑賞ペアチケット30組60名、ドルビーデザインTシャツ30名で、参加賞としてもれなくドルビーメモパッドがもらえる。

 12月3日~2011年1月23日までは、「TSUTAYA TOKYO ROPPONGIセレクトコーナー」を特別設置。関連作品をレンタル/購入した人に、同じく『トロン:レガシー』の映画鑑賞ペアチケットとドルビーデザインTシャツが当たるプレゼント抽選を実施する。

ドルビージャパンの漆山正幸社長

 オープン初日、ドルビージャパンの漆山正幸社長は、「当社は、コンテンツ製作者の意図を忠実に再現することを基本理念に、音響技術を開発してきた。多くのBDやDVD、書籍を取り揃えているTSUTAYAとコラボすることで、ドルビーの最先端技術をより多くの人に体感してもらいたい」と語った。