フジテレビ、日本初の3D連続ドラマ『TOKYOコントロール』制作

ニュース

2010/11/18 15:47

 フジテレビジョン(フジテレビ)は、ソニーの全面的な技術協力を得て、日本の連続ドラマとして初めてデジタル3Dで撮影・編集する連続ドラマ『TOKYOコントロール』を制作すると発表した。CS放送スカチャン3D 169(スカパー!HD/スカパー!光HD)で、2011年1月19日に放映を開始する。

ソニーの技術協力を得て3D連続ドラマを制作

 デジタル3Dで制作する連続ドラマ『TOKYOコントロール』の制作は、フジテレビの企画提案に、ソニーとソニーPCLが機材・技術で協力。3D映像の奥行感などを自然に感じられるように、ストーリーやセットデザイン、映像展開などに工夫を凝らして制作する。撮影期間は2か月の予定。

 『TOKYOコントロール』は、航空管制官たちの活躍を描くドラマで、脚本は宇田学氏が担当。川原亜矢子、時任三郎、梶原善、清水美沙などが出演する。全10話で、CS放送スカチャン3D 169(スカパー!HD/スカパー!光HD)で、2011年1月19日23時~24時に第1話を放映する。2D版はCS放送フジテレビNEXTで、同日22時~23時に放映。

オススメの記事