ビックカメラ、ネットショップ会員のID・パスワードが不正使用される

ニュース

2010/11/15 17:16

 ビックカメラは、11月15日、オンラインショップ「ビックカメラ.com(ビックカメラドットコム)」のネットショップ会員のID・パスワードが不正に使用されたと発表。サイトを一時閉鎖し、詳しい事実関係を調査している。

11月15日15時半現在、システムメンテナンス中として、ネットショッピングや情報閲覧ができない「ビックカメラ.com」

 11月13日に、ネットショップ会員のID・パスワードが不正に使用され、貯まったポイントで商品が購入されていたことが発覚。ただちに「ビックカメラドットコム」のすべてのポイントの利用を停止し、同日24時にサイトを閉鎖する措置を取った。

 ID・パスワードを不正に使用された会員にはすでに連絡を取っており、ポイントを不正に使用された会員には、ポイントを戻す手続きを行った。11月14日には警察・行政機関等に届け出た。不正に使用されたのは、ネットショップ会員のID・パスワードのみという。ビックカメラでは、「お客様に多大なご迷惑とご心配をおかけすることになりましたことを心から深くお詫び申し上げます」とコメントしている。

 現在、トップページは「ただ今システムメンテナンス中です」と表示している。店舗情報、IR情報などは閲覧できるが、商品の購入はできない。再開まで、ビックカメラグループの「ソフマップドットコム」の利用を呼びかけている。9月にNTTナビスペースと共同で開設したインターネットショッピングモール「ビックポイントモール」も、システムメンテナンス中と表示している。再開時期は未定。

オススメの記事