マウスなしで快適操作、エレコムのトラックボール付きキーボード

ニュース

2010/11/10 11:21

 エレコムは、トラックボールでの快適操作を追求したキーボード「TK-FDP021」シリーズを11月下旬に発売する。実勢価格は8400円。

 「TK-FDP021」は、キーボード右上部にトラックボール、左上部にマウスの左クリックと右クリックボタンを装備し、マウスを使わずにキーボードだけでPCを操作できる。デザインは本体フレームのヘアライン加工で、スタイリッシュな印象を演出している。

「TK-FDP021」のシルバー(左)とブラック

 ワイヤレス方式は、ノイズに強く、キーボードとレシーバの距離が離れていてもスムーズで安定して動作する2.4GHz帯/DS-SS方式。非磁性体で最大10m程度、スチールデスクなどの磁性体で最大3m程度で使用できる。レシーバは、1円玉サイズのマイクロレシーバで、USBポートに装着した時に邪魔にならない。

1円玉サイズのマイクロレシーバ

 キータイプは、多くのノートPC用キーボードで採用しているパンタグラフ方式。キーストローク1.7mmの薄型キートップながら、隣接するキーとの間にスペースをつくったアイソレーション設計で、タイプミスを軽減し、軽快で確実にキータッチを実現した。

 再生/一時停止といったマルチメディア再生などに便利な11種類のファンクションキーを装備。ファンクションキーを押すだけで、すぐにアプリケーションを起動させたり、コマンドを実行したりできる。

 PC以外にゲーム機「PlayStation3」でも使用可能なことも特徴となる。本体サイズは、幅266.2×奥行127.1×高さ19.2mm。重さは284g。

オススメの記事