パイオニア、ヒーリングサウンドで“癒す”フォトフレーム

ニュース

2010/10/29 10:29

 パイオニアは、小鳥のさえずりや波の音などのヒーリングサウンドと写真のスライドショーを同時再生できるデジタルフォトフレーム「HAPPY FRAME」を、11月中旬から順次発売する。画面サイズは7型と8型、計6モデルを用意した。価格はオープン。

 6モデルすべてに、小鳥のさえずりや波の音、森のなかの音など。10種類のヒーリングサウンドを収録。“癒し”の音を聞きながら。写真のスライドショーが楽しめる。サウンドは、同社の音声配信サイト「Sound Lab.」から好みの音をダウンロードして、追加することができる。 

(上段)HF-A720-K、HF-A725-W (下段)HF-A726-PF、HF-A727-WF

 7型は4モデル。フレームが格子柄の「HF-A726-PF」「HF-A727-WF」は、特殊加工の「フローティングフレーム」を採用。表示する写真が浮き出て見える効果を施している。

 カラーは「HF-A726-PF」がピンク、「HF-A727-WF」がホワイト。このほか、フレームが無地でブラックの「HF-A720-K」とホワイトの「HF-A725-W」。発売は11月中旬の予定。実勢価格は1万3000円前後の見込み。 

HF-A820-K、HF-A825-W

 8型は2モデル。カラーはブラック「HF-A820-K」とホワイト「HF-A825-W」。発売は12月上旬の予定。実勢価格は1万7000円前後の見込み。

 いずれも、画面には消費電力の少ないLEDバックライト液晶パネルを採用。16種類のスライドショーに対応する。メモリカードスロットのほか、2GBの内蔵メモリを備える。対応ファイル形式は、写真がJPEG、音楽がMP3とWMA、動画がMotionJPEG。スピーカーの出力は約0.5W×2。縦と横、どちらの向きでも設置できる。

オススメの記事