バッファローは、録画番組のブルーレイ/DVDダビングに対応した超小型の地上デジタルチューナー「ちょいテレ・フル DT-F110/U2」を、11月中旬に発売する。税別価格は1万1500円。

DT-F110/U2

 ハイビジョンの地上デジタル放送(フルセグ)とワンセグの両方を視聴・録画できるUSB接続のPC用地デジチューナー。受信モードは、受信状況に応じて自動的にフルセグ/ワンセグが切り替わる「自動切替」と、自分で切り替える「手動切替」が選べる。

 携帯電話などのSIMカードと同じPlug-inSIM形状の「miniB-CASカード」を採用し、一般的な外付けタイプの地デジチューナーに比べ、本体を約89%小型化。幅64.9×高さ24.6×奥行き12.7mmと、USBメモリ並みの超小型サイズを実現した。重さは約16.1g(アンテナ除く)。

 視聴・録画ソフトは、豊富な機能を備えた「PCastTV3 for ちょいテレ・フル」が付属。カット編集に加え、新たに録画した番組をブルーレイディスク(BD)やDVDにダビングできる機能を搭載し、録画番組をディスクに書き出すことができる。本体のほか、ロッドアンテナ、室内延長アンテナ、アンテナ変換ケーブルなどが付属する。

 さらに同社は、11月上旬、価格の安いシンプルなUSB接続のPC用地デジチューナー「DT-H11/U2」を発売する。税別価格は8500円。 

DT-H11/U2

 視聴・録画ソフトは、必要な機能に絞り、直感的に操作できる「PCast TV for 地デジ Lite」が付属。基本的な機能に加え、録画した番組を1.2倍、1.5倍、2.0倍の速さで音声付きで再生する新機能「音声早送り機能」も搭載している。サイズは幅80×高さ22×奥行き115mm、重さは約100g。