ニコン、3D写真が裸眼で楽しめる会員制サービス、月額1995円で

サービス

2010/10/26 17:25

 ニコンニコンイメージングジャパンは、10月26日、ニコンが提供する画像共有サービス「my Picturetown」に保存した2Dの写真を3Dに変換する有料の会員制サービス「my Picturetown 3D」を、12月上旬から開始すると発表した。同日から会員募集を行う。

 「my Picturetown 3D」は、画像共有サイト「my Picturetown」上に保存する2Dの写真を3Dに変換する会員制サービス。3D写真を見るには、会員になったうえで、ニコンから貸与される専用のデジタルフォトフレーム「NF-300i」を利用する。サービス料金は月額1995円、または年額1万9950円で、月3枚まで、写真を3D変換できる。4枚以上写真を3D変換するときの料金は、1枚あたり300円。

裸眼3D対応のデジタルフォトフレーム「NF-300i」

 「NF-300i」は、裸眼で3D写真を見ることができるデジタルフォトフレーム。画面上に配置するレンズから、右目用と左目用の映像をそれぞれ出力することで立体視する「レンチキュラー方式」だ。解像度800×600の7.2型液晶を搭載。3D写真を見る最適な距離は約1m。3Dだけでなく2Dの写真も表示でき、ともに同じ解像度で表示する。

「my Picturetown 3D」のトップページ

 OSAndroid 2.1で、専用アプリケーションをはじめとする拡張性を確保した。画面の輝度は約400cd/m2、アスペクト比は4対3。無線LANはIEEE802.11b/gに準拠する。サイズは幅176×高さ156×奥行き50mm、重さは600g。なお、「NF-300i」は「my Picturetown 3D」サービスの貸出し専用で、単体の販売は行わない。

ゲストの坂井直樹さん

 発表会には、ゲストとして、服飾からデジタル機器まで幅広い製品のデザインやディレクションを手がける坂井直樹さんが登場。Android端末となる「NF-300i」について、「アプリケーションを活用できるという点で、『生態系』を生成できるのがAndroidのおもしろさだ」と語った。

 3D写真の利用方法については、「3Dで浮いている部分がスイッチになれば、空中のUI(ユーザーインターフェイス)として、デジタルサイネージのような公共の場での活用が期待できる。画面を直接タッチする必要がないのもいい。地図の立体表示ができるようになれば、カーナビにも応用できそうだ」と今後の可能性を述べた。

ニコンの大槻正映像カンパニープロジェクトリーダー

 ニコンの大槻正映像カンパニープロジェクトリーダーは、新サービス提供の背景を、「ユーザーが手軽に楽しむことができる3Dコンテンツは、まだ少ない。また、現状では、2Dの写真を自分で3Dに変換するのは難しい。これらの課題を解消するために、3Dコンテンツの配信とデジタルフォトフレームを組み合わせたサービスの提供に至った」と説明した。

オススメの記事