デジタルメモ「ポメラ」にガンダムモデル、「ガンダム用語」も収録

ニュース

2010/10/21 19:17

 キングジムは、バンダイの企画協力の下、デジタルメモ「ポメラ」とテレビアニメ『機動戦士ガンダム』のコラボレーションモデル「ポメラ DM11G」を、12月10日に数量限定で発売する。価格は3万9900円。

デジタルメモ「ポメラ」機動戦士ガンダムコラボレーションモデル (C)創通・サンライズ

 「ポメラ」は、「メモをとる」ことに特化した文庫本サイズのコンパクトな文字入力専用ツール。電源オンから約2秒で起動し、いつでもどこでもすばやくメモをとることができる。

 今回のコラボレーションモデルは、ポメラのメインユーザーの30代~50代男性をターゲットに、「シャア・アズナブル」「ランバ・ラル」「ジオン軍」の3モデルをラインアップ。それぞれモデルごとにパッケージ、トップパネル、キーボード文字をデザインし、ポメラを収納する専用ケースが付属する。 

各モデルのトップパネル(左から、シャア・アズナブル モデル、ランバ・ラル モデル、ジオン軍 モデル)と、シャア・アズナブルモデルのキーボード、専用ケース

 起動時には、機動戦士ガンダムのロゴに続き、テレビアニメの各話のタイトルを第1話から順番に表示。終了時には、モデルごとに選定した名場面シーンとモビルスーツなどのスペックをランダムに表示する。さらに、登場人物や機体名など、通常は変換が難しい「ガンダム用語」を辞書に収録し、入力すると変換候補として表示する。

 メモは、1ファイルあたり最大全角2万8000文字で、最大1000ファイルまで保存可能。このほか、2階層のフォルダ管理、QRコード変換機能、日付メモ機能など、上位機種で好評だった機能を搭載する。 


 オンラインショップ「プレミアムバンダイ」内の「KIWAMONOWEB」では、10月21日11時に先行予約受け付けを開始。プレミアムバンダイ限定特典として、店頭発売日より早く届けるほか、1機種につき1枚、限定オリジナルポスターが付属する。

オススメの記事