パナソニックは、縦横どちらの向きでも設置できるコンパクトな地上デジタル放送専用のブルーレイディスク(BD)レコーダー「ブルーレイディーガ DMR-BF200」を、11月15日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は7万円前後の見込み。

ブルーレイディーガ DMR-BF200

 BDレコーダーとしては世界最小の幅65×高さ194×奥行き210mm(本体のみ)のコンパクトサイズで、縦にも横にも置けるレイアウトフリーなデザイン。場所を取らずに設置できる。カラーはホワイトとブラックの2色を用意し、それぞれ無地シートとプリントシートの2パターンの「着せ替えシート」が付属。インテリアに合わせて天面(側面)のシートを入れ替えてコーディネートすることができる。

 チューナーは地上デジタルチューナーのみで、HDD容量は320GB。第4世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、内蔵HDDに、MPEG-4 AVC/H.264での記録モード(HBモード)で最長約290時間のフルハイビジョン録画ができる。著作権保護コンテンツのBD-RE/RからHDDムーブに対応する。

 動画配信のアクトビラ ビデオ・フル/ダウンロードサービスやYouTubeに対応。録画した番組をSDカードで持ち出せる「番組持ち出し(ワンセグ画質)」、録画した番組を別室で視聴できる「お部屋ジャンプリンク」など、従来のBDレコーダー「ブルーレイディーガ」と同じネットワーク機能を多数搭載する。

 「ブルーレイディーガ DMR-BF200」のターゲットは若年層。発売記念キャンペーンとして、期間中に購入し、パナソニックの無料会員コミュニティ「CLUB Panasonic」に登録して応募すると、それぞれのカラーに合ったオリジナルの「着せ替えシート」をプレゼントする。