マカフィー、ソーシャルネットワーキングを使った犯罪の手口と対策を解説

ニュース

2010/10/04 15:53

 マカフィーは、Twitterなどのソーシャルネットワーキングサイトを使ったサイバー犯罪の最新手口や被害に遭わないためのヒントを、自社ブログで解説している。

 ソーシャルネットワーキングサイトを使ったサイバー犯罪は、例えばTwitterで簡単なコマンドを入力するだけで、ボットネットにスパムを送信し、危険なファイルをダウンロードさせるなどの手口がある。

 ボットがPCに感染すると、スパムメールを通じてマルウェアの感染を拡大させる。マカフィーは、感染しないようにするには、見知らぬ人からのスパムメールやインスタントメッセージのリンクを絶対にクリックしないことや、インターネットを閲覧する際に、安全な検索のためのプラグインを使用するように警告している。また、PCを使わないときは電源を切っておくことを勧めている。

 インターネット接続速度が遅くなっている理由が不明な場合、ボットネットがデータを送受信している可能性がある。そのときには、インターネットのモデムまたはルータをすぐに切断し、PCをセーフモードで再起動し、ウイルスのフルスキャンを実行して、悪性コードをすべて削除するように呼びかけている。

オススメの記事