NTT東西、PCレスでデータをクラウド上にアップできるデバイスサーバー

ニュース

2010/09/30 13:34

 NTT西日本とNTT東日本は、PCを介さずにデータをクラウド上にアップできるデバイスサーバー、光LINKシリーズ「N-TRANSFER(エヌトランスファー)」を、それぞれの情報機器オンラインショッピングサイトで発売する。NTT西日本は10月1日から、NTT東日本は10月中旬から販売する。価格は7350円。

 インターネット通信機能を備えたデバイスサーバー「N-TRANSFER」とPC周辺機器をUSBで接続することで、PCを介さずにデータをクラウド上にアップできる。PCスキルのあるなしにかかわらず、より簡単にクラウドサービスが利用できる。

光LINKシリーズ クラウド対応デバイスサーバー「N-TRANSFER」

 第1弾として、エプソン販売、PFU、クラウドサービスを提供する米エバーノートと連携。手書きメモやレシート、折込チラシなど、いろいろな紙媒体をエプソンのインクジェット複合機「Colorio」やPFUのカラーイメージスキャナ「ScanSnap」でスキャンし、PCを使わずに「フレッツ 光ネクスト」などのインターネット接続サービスを通じて、「Evernote」にアップロードすることができる。

 「N-TRANSFER」によって、メール添付のファイル容量制限や、PCの操作が苦手、PCそのものを持っていないなどの問題も解決できる。NTT東西は、「N-TRANSFER」のさまざまな利用シーンを創出するために、今後も各機器メーカーやサービス事業者との協力・連携を進めていく。

「N-TRANSFER」の利用イメージ

オススメの記事