3D対応「ニンテンドー3DS」、2011年2月26日発売、価格は2万5000円

ニュース

2010/09/29 19:31

 任天堂は、9月29日、裸眼で3D映像を楽しめる携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」を、2011年2月26日に発売すると発表した。価格は2万5000円。

ニンテンドー3DS

 「ニンテンドー3DS」は「ニンテンドーDSシリーズ」の後継機。現在のDSシリーズ用ソフトをプレイできる互換機能をもち、ニンテンドー3DS用に開発されたゲームやその他の3Dコンテンツを、専用メガネなどをかけることなく、裸眼で楽しめる。本体のカメラを使った3D写真の撮影や3D表示、無線LANを利用した「いつの間に通信」など、さまざまな新機能を盛り込んだ。

 上画面は、800×240ピクセル、3.53インチの裸眼立体視機能つきワイド液晶を採用。横800ピクセルを左目用・右目用に交互にそれぞれ400ピクセルを割り当てることで立体表現を可能にしている。「3Dボリューム」で立体感を調節したり、2D表示に切り替えたりすることもできる。下画面は320×240ピクセル、3.02インチで、従来通り、タッチ入力に対応する。

 新機能「いつの間に通信」は、スリープモード中にニンテンドーゾーンや無線アクセスポイントを自動的に探索し、インターネットから情報・ゲームのデータ・無料ソフト・映像などを自動でダウンロードする機能。従来から搭載する「すれ違い通信」も強化し、複数のゲームのデータを同時に通信することができる。

 カメラは、内側1個、外側に左右2個の計3個を搭載。解像度はいずれも640×480ピクセル(0.3メガピクセル)。サイズは横約134×縦約74mm×厚さ約21mm、重さは約230g。カラーはアクアブルーとコスモブラック。

 同社は今年3月23日、「ニンテンドー3DS」の開発を表明し、2011年3月末までに発売すると発表していた。その後、6月にアメリカのロサンゼルスで開催された世界最大のビデオゲーム展示会「Electronic Entertainment Expoショー(E3ショー)」で初めて詳細を公開した。

 「ニンテンドー3DS」の発売にあたっては、日本テレビ放送網とフジテレビジョンと事業提携し、「ニンテンドー3DS」向けに3D映像コンテンツの提供を受ける予定。無線LAN環境にあるニンテンドー3DS本体に対して、「いつの間に通信」の機能を利用して、両社から提供を受けた数分間のユニークな3D映像コンテンツを毎日配信する。

オススメの記事