ソニーは、ICレコーダーの新製品として、会議や楽器演奏など、幅広いシーンで活躍する上位モデル「SXシリーズ」と、スライド式のUSB端子を備える「UXシリーズ」の計4モデルを10月21日に発売する。価格はオープン。

 ラインアップと実勢価格は、ノイズキャンセリング機能を備える最上位モデル「ICD-SX813」が2万3000円前後、上位モデル「ICD-SX713」が2万円前後、内蔵メモリが4GBの「ICD-UX513F」が1万3000円前後、2GBの「ICD-UX512」が1万円前後の見込み。 

ICD-SX813(ブラック)、ICD-SX713(シルバー、ボールドレッド)

 2シリーズ共通の特徴として、遠くの音や小さな音までクリアに集音する「Sマイク・システム」を搭載。高感度で低ノイズのステレオマイクと録音システムを組み合わせることで、自然な音を録音する。さらに再生時のノイズを大幅に低減する「強力ノイズカット」機能で、人の声を聞き取りやすくする。

 内蔵メモリに加え、記録媒体としてメモリースティック マイクロ、microSD/SDHCカードに対応。「SXシリーズ」は「クロスメモリー録音」機能で、いずれかのメモリの残量がなくなったとき、自動的にもう一方のメモリに切り替えて録音を続けることができる。録音形式は、44.1kHz/16bitのリニアPCMとMP3。 

ICD-UX513F

 「SXシリーズ」は単一指向性のステレオマイクを採用し、特定の話し手の音声を明瞭に録音する「インタビューポジション」と、ステレオ感を強調して話し手の位置が分かりやすい「ミーティングポジション」の2種類のマイクポジションから集音範囲を選択できる。

 最上位モデル「ICD-SX813」には、高音質技術「S-Master」を搭載。音声信号をフルデジタル処理することで音の歪みや劣化を抑え、録音した音声をクリアに再現する。このほか、付属の専用ヘッドホンで、周囲の音を抑えて音声を聞くことができる「デジタルノイズキャンセリング」機能を備える。

 内蔵メモリは4GB。サイズは幅32.4×高さ137.8×奥行き16mm、重さは約92g。カラーは「ICD-SX813」がブラック、「ICD-SX713」がシルバーとボルドーレッド。 

ICD-UX512

 スライド式のUSB端子を備える「UXシリーズ」は、ケーブルなしでPCに録音データを転送できるほか、付属の充電式ニッケル水素電池を使えばUSB経由で本体を充電することもできる。

 サイズは幅36.6×高さ102×奥行き14.6mm、重さは約59g。カラーは「ICD-UX513F」がシャンパンゴールド、ブラック、レッド、「ICD-UX512」がシルバー、ホワイト、ピンク、ブルー。