イー・モバイル、新料金プラン対応、下り最大21Mbps対応のデータ通信端末

ニュース

2010/09/14 18:51

 イー・モバイルは、下り最大21Mbps、上り最大5.8Mbpsの高速モバイル通信が可能なUSBサイドローテータータイプのデータ通信端末「D32HW」を、9月17日に発売する。

D32HW

 最大270度回転するUSBコネクタで、省スペース性とデザイン性を両立した。最大16GBのmicroSDHCカードに対応するカードスロットを備える。対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.5~10.6で、Windowsなら面倒なドライバのインストール作業なしですぐに使える。サイズは幅約26×高さ84×奥行き15mm、重さは約30g。カラーはホワイト。

 イー・モバイルオンラインストアで購入した場合の初期費用は、「ベーシック」の場合で3万9580円、長期契約割引「にねんM」を適用した場合は5980円。別途、契約事務手数料2835円がかかる。

 接続先(APN)の初期設定は、データ通信サービス向けの新料金プラン「データプラン21B」用の接続先(APN)となっており、「データプラン21B」の利用を推奨している。同時に開始する新料金プラン「データプランB」も、同様に接続先(APN)の設定を変更することなく利用できる。

 新料金プラン「データプランB」「データプラン21B」は、月間の上限通信量を5GBに制限することで料金を抑えた完全定額制の料金プラン。利用可能な通信に制限があり、メールの送受信、ウェブサイトの閲覧、YouTubeやニコニコ動画などのストリーミング型を除く動画の閲覧などは可能だが、ファイル交換(Peer to Peer)やストリーミング、オンラインゲームなど、一部の通信は利用できない。

新料金プラン「データプランB」「データプラン21B」のロゴと月額料金表

 両プランとも、9月17日から開始する。料金は契約種別によって異なり、最も安い「ベーシック(にねん得割)」の場合で、「データプランB」は月額3680円、下り最大21Mbpsデータ通信サービスに対応する「データプラン21B」は月額4280円。なお、2011年5月31日までの利用に対しては、月間上限通信量5GBの制限は設けない。

オススメの記事