パイオニア、DJ向けヘッドホンのエントリーモデル、中低域をクリアに再現

ニュース

2010/09/09 17:32

 パイオニアは、ドラムのキック音やスネア音など、中低域の音をクリアに再現するDJ向けヘッドホンのエントリーモデル「HDJ-500」を、11月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9000円前後の見込み。

HDJ-500

 口径40mmのドライバユニットを採用し、イヤーパッドの内径を狭めることで音圧を高めて豊かな低音を再現。19μmの振動板と、銅で覆ったアルミ線を使用したボイスコイルによって、ドラムのキック音やスネア音など、中低域の音をクリアに出力する。周波数帯域は5-28000Hz。

 右側のハウジングは、前後60度にスライドするアーム回転機構を採用。片耳での聴き取りに対応した。DJのプレイ中のほか、ダンスミュージックを楽しむときにも使えるよう、本体の重さを195gに抑えた。

 ケーブルは左側のハウジングにあり、最大3mまで伸長する1.2mのカールコードを備える。片側のハウジングにケーブルを備えるので、DJプレイ中に邪魔になりにくい。1mの付け替え用のコードが付属する。カラーはレッド、ブラック、ホワイトの3色で、ホワイトのみ2011年1月中旬発売予定。

オススメの記事