パナソニック、約100冊のガイドブックから旅行プランを作成できる「旅ナビ」

ニュース

2010/09/08 18:15

 パナソニックは、約100冊分のガイドブック情報を収録し、旅行プランを作成できるポータブルSDトラベルナビゲーション「旅ナビ CN-SG500」を、10月8日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

旅ナビ CN-SG500

 昭文社「MAPPLEガイド」データ約100冊分、全国約8万件の施設情報をSDHCカードにプリインストール。ガイドブックのような感覚で、旅行に出発する前に行きたいスポットを探すことができる。ガイドブックデータは、パナソニック直販サイト「パナセンス」から有料で追加可能。

 見つけたスポットには付箋を貼り付けて、簡単に呼び出せる。任意の出発地から、付箋を付けたスポットをめぐるオリジナルの旅行プランを作成できる。行きたい場所は、一つのルートで最大五つまで設定でき、順番も選べる。SDカードに最大5ルートまで保存でき、自宅であらかじめ作成した旅行プランを旅先で簡単に呼び出すことができる。

 GPSと有効約200万画素の内蔵カメラを組み合わせた「何これカメラ」機能を搭載。近くの施設にカメラを向けてシャッターを切ると、付近にある施設のガイドブック情報を検索して画面上に表示する。また、カメラで写したディスプレイ上の風景の上に、施設名、地形名、ランドマークなどの付加情報を重ねて表示する「街並みスコープ」機能を備える。

 街歩き中に行きたい所までのルート表示をする歩行モード「おでかけウォーク」を用意。途中でレストランなど周辺の施設情報を呼び出して、目的地に設定することもできる。

 ワンセグチューナーを内蔵。SDカードへ番組を録画することができる。付属の車載用吸盤スタンドの専用クレードルに装着することで、カーナビゲーションとしても利用できる。

 5V型ワイド液晶を搭載。SD/SDHCカードに対応する。操作しないままでいると画面が暗くなり、さらに電源をオフにする省電力モードの採用で、約6時間駆動する。本体サイズは幅152×高さ92×奥行き18.5mm、重さ249g。

オススメの記事