ソニー、フルハイビジョン3D対応の家庭用プロジェクター

ニュース

2010/09/07 15:54

 ソニーは、新開発のフルHDパネル「SXRD」を搭載し、150,000:1の高ダイナミックコントラスト比を実現したフルハイビジョン3D対応の家庭用ビデオプロジェクター「VPL-VW90ES」を、11月20日に発売する。価格は72万4500円。

VPL-VW90ES(左)とVPL-VW90ES(右)

 「VPL-VW90ES」は、国内家庭用ビデオプロジェクターとして、初めて1系統の光学エンジンによるフルハイビジョン3D映像の投影を実現。3D映像の表示は、専用のアクティブシャッターメガネ(3Dメガネ)をかけて視聴するフレームシーケンシャル方式で、ブルーレイ(BD)3D対応のBDレコーダーなどの3D対応再生機器とHDMIケーブルで接続し、付属の専用3Dメガネをかけると、臨場感溢れる3Dコンテンツを高精細なフルハイビジョンで楽しむことができる。従来の2Dの映像を擬似的に3D映像に変換する「2D→3D変換機能」も搭載する。

 投影した3D映像は、新開発のフルHDパネル「SXRD」を240Hzで高速駆動させることで、左右の映像が二重に見えるクロストーク現象を抑え、くっきり、滑らかに表示する。また、光の量を自動制御する「アドバンストアイリス3」技術との組み合わせにより、150,000:1の高ダイナミックコントラスト比を実現した。

 同時に、「SXRD」や「アドバンストアイリス3」など、「VPL-VW90ES」の光学技術の一部を踏襲し、80,000:1の高ダイナミックコントラスト比と1300ルーメンの高光出力を実現したスタンダードモデル「VPL-HW20」を、10月21日に発売する。3D映像の投影には非対応。価格はオープンで、実勢価格は30万円前後の見込み。

 2機種とも、冷却のエアフローシステムを最適化し、ファンの低回転化を実現。風切り音と駆動振動を低減した。ランプ冷却については、エアフローをストレート化し、低風量で冷却できるランプハウジングによって、ファンノイズを「VPL-VW90ES」は約20dB、「VPL-HW20」は約22dBまで低減した。サイズと重さは「VPL-VW90ES」が幅470.0×高さ179.2×奥行き484.9mmで約12kg、「VPL-HW20」は幅407.4×高さ179.2×奥行き463.9mmで約10kg。

オススメの記事