ソニー、プロ向けのヘッドバンド型ヘッドホン「MDR-Z1000」など5モデル

ニュース

2010/09/06 12:43

 ソニーは、ヘッドバンド型ヘッドホンとして、プロ向けのフラッグシップモデル「MDR-Z1000」と、「MDR-Z1000」の技術を生かした「ZXシリーズ」4モデルを10月10日から順次発売する。価格はオープン。

 「MDR-Z1000」は、録音スタジオやポストプロダクションスタジオなどで使用するプロフェッショナル向けスタジオモニタヘッドホン。

MDR-Z1000

 振動板材料には、従来比で約5倍剛性を高めた液晶ポリマーフィルム振動板を採用。原音に忠実に音声を再生する。直径50mmのドライバユニットと組み合わせることで、広帯域をフルレンジで再生し、広いダイナミックレンジと解像度の高い音を実現する。

 頭部の凹凸にイヤーパッドがフィットするよう、パッドの形状を最適化することで高い遮音性を確保。素材には低反発ウレタンを採用し、快適に装着できる。

 ハウジング部にはマグネシウム合金を使用。不要な振動を抑え、スムーズなレスポンスの低音とクリアな中高音を再現する。周波数帯域は5-80000Hz、電気信号は最大4000mWの入力に対応。カラーはブラック。実勢価格は6万1950円前後の見込み。

(左から)MDR-ZX700、MDR-ZX500

 「ZXシリーズ」の「MDR-ZX700」は、同シリーズの最上位モデル。口径50mmのドライバーユニットを搭載することで、原音を忠実に再生する。周波数帯域は5-40000Hz、電気入力は2000mWに対応する。カラーはブラック。実勢価格は1万2390円前後の見込み。

 また、「MDR-ZX500」は、直径40mmのドライバーユニットを搭載。周波数帯域は8-25000Hz、電気入力は1500mW。カラーはブラックとホワイト。実勢価格は6195円前後の見込み。

MDR-ZX300

 「MDR-ZX300」「MDR-ZX100」は、持ち運びしやすい折りたたみ式のモデル。「MDR-ZX300」は、カラーにブラック、ブルー、ゴールド、レッド、ホワイトの5色を、また、「MDR-ZX100」は、ブラック、ブルー、グレー、ピンク、レッド、ホワイトの6色を揃える。いずれもカジュアルなデザインに仕上げた。実勢価格は「MDR-ZX300」が3675円前後、「MDR-ZX100」が2468円前後の見込み。

MDR-ZX100

オススメの記事