トレンドマイクロは、8月31日、クラウド上のデータベースを参照してウイルスを検出し、PCへの負荷を軽減した統合セキュリティソフト「ウイルスバスター2011 クラウド」のダウンロード販売を開始した。9月3日には店頭で発売する。価格はオープン。

大三川彰彦取締役(左)、山本美月さん、長島理恵プロダクトマネージャ

 「ウイルスバスター2011 クラウド」は、ウイルス検出に必要な最小限のデータだけをPCに残し、ウイルス情報の約80%をクラウド上のデータベースに置いて、必要に応じてクラウドに問い合わせる「スマートスキャン」を採用。これによってPCをリアルタイムに防御すると同時に、PCへの負荷を軽減した。

ウイルス情報の約80%をクラウド上のデータベースに移行

 不正なURLなどの情報を同社に送信し、感染経路を分析する「ローカル相関分析」機能や、HTMLファイルに埋め込まれた悪意あるシェルコードの振る舞いを検出して不正なサイトをブロックするブラウザ保護機能、データ消去ツールなどを新たに備える。対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.4/10.5/10.6。

「ウイルスバスター2011 クラウド」の1年版

 ラインアップと実勢価格は、1年版が5980円前後(ダウンロード価格4980円前後)、3年版が1万2800円前後(1万1800円前後)、6ユーザーパックが9800円前後(8980円前後)、保険&PCサポートを追加した1年版が7980円前後(6980円前後)、同3年版が1万6980円前後(1万5980円前後)、更新パックが6705円前後の見込み。

「ウイルスバスターガール」の山本美月さん

 プロモーションキャラクター「ウイルスバスターガール」に、ファッションモデルの山本美月さんを起用。テレビCMなどで新製品の軽快さをアピールする。

笑顔をみせる山本美月さん

 発表会で、山本さんは「CM撮影が大変だったので、次の日、筋肉痛になった」と来場者を笑わせた後、「『ウイルスバスター2011 クラウド』を積極的に広げていきたい」と、笑顔で「ウイルスバスターガール」としての使命を語った。

日本地域担当の大三川彰彦取締役

 日本地域担当の大三川彰彦取締役は、「『ウイルスバスター』はクラウド技術によって生まれ変わってきた。革新的なウイルス検出方法で、PCをリアルタイムでサイバー犯罪の脅威から守る」と自信をみせた。

発表会の会場の様子