ペガシスは、グループウェア「サイボウズOffice 7/8」のスケジュールとGoogleカレンダーを同期するソフト「Gcal Connection for Cybozu Office」を、9月2日に発売する。ダウンロードで販売する。

Gcal Connection for Cybozu Office

 「サイボウズ Office」のスケジュールをGoogleカレンダーと同期することで、プライベートと仕事の予定を、それぞれのカレンダーで一元管理することができる。「サイボウズOffice」からGoogleカレンダーに同期する「一方通行モード」と、「サイボウズOffice」とGoogleカレンダーで双方のスケジュールの更新を反映する「双方向モード」のいずれかを選択する。

 GoogleカレンダーやGmailの一部のデータを携帯電話に同期する「Google Sync」機能を使用すれば、iPhoneやAndroid端末などのスマートフォンでスケジュールを管理することもできる。例えば、「サイボウズ Office」のサーバーが、社外からのアクセスを禁止していても「サイボウズ Office」にアクセスでき、インターネットに接続している社内PCにインストールすると、Googleカレンダーを介して社外からスケジュールの閲覧・編集ができる。

 ライセンス別の価格は、シングルアカウントが4980円、5アカウントが1万9800円、10アカウントが2万9800円、20アカウントが4万9800円、30アカウントが6万4800円。