ビクター、水深3mでフルハイビジョン撮影、コンパクトなムービーカメラ

ニュース

2010/08/25 15:37

 日本ビクターは、新しいコンセプトのHDムービーカメラ「PICSIO(ピクシオ)」シリーズの第2弾として、水深3mで撮影できる「GC-WP10」と、USBプラグを内蔵した「GC-FM2」を9月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「GC-WP10」が3万円前後、「GC-FM2」が2万円前後の見込み。

 2機種とも、コンパクトなボディに3型ワイドのタッチ液晶を搭載。指先でモニタをタッチして直感的に操作できる。撮像素子は1/3.2型CMOSセンサーで、総画素数は513万画素。1920×1080のフルハイビジョン動画が撮影できる。記録媒体はSD/SDHC/SDXCカード。

 本体に、Windows用オリジナルソフト「LoiLoScope EX」を内蔵。ソフトは、パソコンとUSBで接続するだけですぐに使用でき、YouTubeやFacebookなどへのアップロードをはじめ、映像の加工・編集、iTunesへの転送などが簡単にできる。 

PICSIO GC-WP10

 「GC-WP10」は、水深3mで撮影できるJIS IPX8相当の防水機能と、MP3形式でステレオ録音できるボイスレコーダー機能を搭載。サイズは、幅60×高さ101×奥行き25mm、本体の重さは約147g。カラーはブラック。 

PICSIO GC-FM2

 「GC-FM2」は、持ち歩きやすいスリムなボディに、スライド式のUSBプラグを内蔵してパソコンとケーブルなしで接続できるなど、利便性を高めた。幅53×高さ102×奥行き22mm、本体の重さは約113g。カラーはポップな感じのブルー、ブラック、イエローの3色。

オススメの記事