東芝、USB/LAN HDD録画対応の「REGZA ZS1」、なめらかな動きを再現

ニュース

2010/08/18 18:29

 東芝は、液晶テレビ「REGZA(レグザ)」の新シリーズ「ZS1」3機種を8月下旬に発売する。価格はすべてオープン。実勢価格は、42V型の「42ZS1」が20万円前後、37V型の「37ZS1」が16万円前後、32V型の「32ZS1」が13万円前後の見込み。

REGZA 42ZS1

 3機種とも、解像度1920×1080ドットのフルハイビジョン(フルHD)液晶パネルと、画像処理用のコアチップを2基搭載した新開発の映像処理エンジン「レグザエンジンDuo」を採用。画素数がフルHDに満たない映像をより美しく再現する超解像技術「レゾリューションプラス4」や、見ている環境とコンテンツに最適な画質に自動調整する機能を搭載し、さまざまなコンテンツを高精細な映像で楽しめる。

 加えて、42V型と37V型は、コマ数を通常の2倍の120枚にし、エリアを分割してバックライトを点滅させることで、1秒間に240枚の映像を映し出す「Wスキャン倍速」を搭載。残像を低減してなめらかな動きを再現する。

 また、市販のUSB/LAN HDDへのテレビ番組の録画に対応しており、自動チャプター機能など再生機能も充実。地上デジタルチューナー3基とBS・110度CSデジタルチューナー2基を搭載しているので、USB HDDへの2番組同時録画中に、テレビで別の地上デジタル放送の番組を試聴することができる。

オススメの記事