日本シャトル、最新チップセット「Intel H55」搭載のキューブ型ベアボーン

ニュース

2010/08/11 10:19

 日本シャトルは、最新チップセット「Intel H55」を搭載したキューブ型ベアボーンPC「Shuttle SH55J2」を発売した。価格はオープンで、実勢価格は2万9800円前後。

Shuttle SH55J2

 Core i7-800、Core i5、Core i3シリーズなどに対応したインテルの最新チップセット「Intel H55」を搭載するキューブ型ベアボーンPC。高性能ながら低価格を実現した。マザーボードは、Mini-ITX対応製品であれば交換できる。電源位置を引き上げることで、CPUクーラーやヒートシンクの対応範囲の拡大も可能。

 シャーシは、従来のアルミから、剛性・防振性にすぐれたスチールに変更。さらに熱対策としてサイズを拡大したことで、ビデオカード搭載時のエアフロー確保が容易になった。電源は、キューブ型ベアボーンの電源としては大容量の300Wを搭載。80PLUS BRONZE認証取得済みで、電力消費だけでなく発熱量も抑える。

 メモリはDDR3 1066/1333x4。拡張スロットはPCI Express×16×1、PCI×1、ドライブベイは、5インチベイ×1、内部3.5インチ×2。

 外部インターフェースは、前面にUSB2.0×1、USB2.0/eSATA×1、4種類のメモリカードに対応するカードリーダー、オーディオ出力(ステレオ)×1、マイク入力×1を搭載。背面には、USB2.0×4、D-SUB×1、HDMI×1、LAN×1、オーディオ出力(7.1ch用)×4、ライン入力×1を備える。内部インターフェースはSerial ATA 3Gbps×4。本体サイズは、幅215×奥行き333×高さ204mm。

オススメの記事