ドコモも海外パケット定額サービス開始、9月1日から

サービス

2010/08/03 19:15

 NTTドコモは、海外旅行時など、国際ローミング中のパケット定額サービス「海外パケ・ホーダイ」を2010年9月1日から開始する。

 料金は、国際ローミング中のパケット通信の利用が20万パケットまでは上限額1日あたり1980円、20万パケット以上は上限額1日あたり2980円。なお、2011年3月31日までは、上限額1日あたり1480円で利用できる。 

海外パケ・ホーダイ」の料金イメージ

 24の国・地域の「海外パケ・ホーダイ」対象事業者を利用するすべてのパケット通信(iモード通信、iモードフルブラウザ通信と、スマートフォンを利用した通信、パソコンなどの外部機器を接続した通信)が対象。今後、利便性の向上に向けて対象国・地域の拡大を図る。

 適用条件は、「パケ・ホーダイ ダブル」など、国内のパケット定額サービスを契約していること。ただし11月30日までは、条件を満たしていなくても適用される。利用には、渡航先で携帯電話のネットワーク設定を「海外パケ・ホーダイ」対象事業者に設定する必要がある。 

利用可能な国・地域/事業者(略称)

 すでにソフトバンクモバイルは、海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」を7月21日に開始。NTTドコモはおよそ1か月半遅れのスタートとなる。

オススメの記事