ムービーカメラで3D映像! 3万円切る低価格で――レッツコーポレーション

ニュース

2010/07/29 19:26

 レッツコーポレーションは、前面にある2本のレンズでハイビジョン画質の3D映像と写真が撮影できるムービーカメラ「3Dsunday pocket HD camera」を、8月下旬に発売する。通信販売サイトで販売し、価格は2万9800円。

3Dsunday pocket HD camera

 3Dの表示には、メガネを通して一つの立体映像に合成するサイドバイサイド方式を採用。左目用と右目用の映像を水平方向に2分の1に圧縮して、それぞれ画面に表示する。対応する3Dテレビに撮影した映像を出力すれば、大画面で作品が楽しめる。

 背面のモニタには、メガネをかけなくても裸眼で立体視できるパララックスバリア方式のディスプレイを搭載。立体感を確認しながら撮影することができる。付属ソフト「ArcSoft TotalMedia HD Cam」を使えば、赤青2色のメガネで立体視するアナグリフ方式に映像を変換することもできる。

 撮像素子は約500万画素のCMOSセンサ、焦点距離45mm(35mmフィルム換算)のデジタル4倍ズームレンズを備える。ファイル形式は、3Dと2Dともに動画がAVC H.264(MPEG-4)、静止画がJPEG。SD/SDHCカードに対応したカードスロットを搭載。このほか、128MBのメモリを内蔵する。テレビなどと接続するときは、HDMI端子を使用する。電源はリチウムイオン電池でUSB経由で充電する。サイズは118×72×23mm、重さは約148g。

オススメの記事