キングジム(宮本彰社長)は、6月29日、電子文具の新製品として、デジタル名刺ホルダー「ピットレック」と卓上メモ「マメモ」を発表した。ともに8月6日の発売を予定する。

デジタル名刺ホルダー「ピットレック」

紙の名刺を閲覧する感覚のデジタル名刺ホルダー



 「ピットレック」は、本体に内蔵したカメラで名刺を読み込み、デジタル画像にして管理するデジタル名刺ホルダー。PCとの連携機能はなく、紙の名刺の感覚で閲覧でき、電子データとして管理ができることが特徴だ。ビジネスマンをメインターゲットとする。 

本体内蔵のカメラで名刺を読み込む

 読み込んだ名刺画像は、文字認識機能(OCR)によって、会社名、氏名、閲覧履歴、登録日、マイリストなどで管理。もちろん、文字を誤って認識した場合の修正もできる。付属する2GBのmicroSDカードには、約1800-2000枚分の名刺が登録可能。16GBなら9999枚を登録できる。 

文字を誤って認識したときは修正可能

 3.5インチワイドカラー液晶を搭載し、本体サイズは約120×60×13mm。折りたたみ式の携帯電話よりもやや大きめだが、重さは約85gと軽量。本体カラーはソリッドブラック。別売の専用ケースには名刺ホルダーがつき、名刺入れの感覚で持ち歩ける。価格は2万7300円。年間3万台の販売を目指す。 

別売で本革製やナイロン製ケースを用意。名刺入れの感覚で持ち歩ける

液晶画面にタッチペンでメモ、デジタル卓上メモ「マメモ」



 卓上メモ「マメモ」は、液晶画面にタッチペンでメモをとる電子文具。難しい操作は不要で、紙にペンで書き込む感覚で使える。メモは時系列に保存する仕組みで、最大99件まで保存できる。表示はモノクロ。書いたメモに時刻を設定すると、アラームで知らせるというデジタルならではの機能をもつ。サイズは102×93×36mmで、重さは約130g。カラーは、オフホワイト、ビビッドオレンジ、ダークグリーンの3色を揃える。 

紙にペンで書き込む感覚のデジタル卓上メモ「マメモ」

 オフィスなどでの利用をメインターゲットに、家庭で利用も想定している。価格は6279円。年間5万台の販売を目指す。

 宮本社長は、「電子文具の分野には、当社がチャレンジしていける隙間がたくさんあると思っている」と、今後も新機軸の電子文具を投入していく意気込み示した。

新製品への自信を語る宮本彰社長