マグノリア、IPサイマルラジオ「radiko」の録音ソフト、MP3やACCに変換

ニュース

2010/06/29 11:54

 マグノリア、インターネットでラジオが聞けるIPサイマルラジオ放送「radiko(ラジコ)」を録音し、音声ファイルをMP3/ACC形式で保存できる録音ソフト「ラジ録」を発売した。ダウンロードのみの販売で、価格は1980円。

ラジ録のロゴ(左からWindows、Mac用)

 MP3/ACCに加え、携帯ゲーム機「ニンテンドー」向けにファイルを変換できる。DSi用に変換した場合は、自動でiTunesに登録する。保存するファイル名は、「番組タイトル」「放送日時」「番組タイトル 放送日時」「番組タイトル 放送日」から選択する。

 番組終了時に自動で録音を終了してファイル変換を開始する「自動停止」機能を装備。番組が終了するときだけでなく、「10分後」や「1時間後」など、任意の時間を設定することもできる。ダウンロードした変換前のFLVファイルを残すことも可能。

ラジ録の画面

 番組予約では、2日分の番組参照表から録音したい番組を選べるほか、複数の番組予約に対応する。毎日、毎週など決まった時間に放送する帯番組は、一つの予約設定で済む。

 「ラジ録」は「radiko」が聴取できる地域でのみ動作する。2010年7月現在、視聴できるエリアは、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、京都、兵庫、奈良。対応OSは、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.4以降。

オススメの記事