マカフィー、クラウド技術を採用したウェブセキュリティアプライアンス

ニュース

2010/06/28 17:26

 マカフィー(加藤孝博会長兼社長)は、ウェブ由来のマルウェアとボットネットに対応するため、新しい挙動分析アプローチを採用したWebセキュリティアプライアンス「Web Gateway version 7」を発売した。価格は、1ライセンス3135円。

Web Gateway version 7

 新しいテクノロジー「挙動分析アプローチ」で、リアルタイムにコンテンツを検査し、埋め込まれたコード、バッファオーバーフロー、エクスプロイトを検出する。クラウドベースの技術によって、リモートユーザー向けのモバイルフィルタリングと、地理情報やURL分類を含む豊富なWebレピュテーション機能を提供する。

 また、既存のアプライアンスで高い拡張性と強力なパフォーマンスを発揮する。VMwareのサポートや、柔軟性と管理性を高めるプロキシオプションなどの機能を追加している。

 セキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator(マカフィー イーポリシー オーケストレーター)」や、メールセキュリティアプライアンス「McAfee Email Gateway」などと機能を統合することで、企業はセキュリティの強化とコスト削減を達成することができる。この統合によって、企業はWeb 2.0対応アプリケーションのメリットを受けながら、大きな投資効果を得ることができる。

オススメの記事