UCC上島珈琲は、2010年3月に発売した無糖缶コーヒーの新ブランド「UCC THE CLEAR」のプロモーションとして、ウェブとリアルな世界における缶けり大会「THE CANKERI THE CLEARキャンペーン」を6月18日から期間限定で展開している。これに伴い、キャンペーン事務局では缶けりに関する調査を事前に実施した。サンプル数は600人で小学生100人と20代から60代まで世代別に各100人。調査方法はインターネット、調査期間は5月28-31日。

 20代以上の対象者に、子どもの頃、缶けりをしたことがあるか聞いたところ、92.4%が「したことがある」と回答。また、缶けりを一緒にしたいサッカー選手では、1位に中村俊輔選手、2位に三浦知良選手、3位に中田英寿元選手が選ばれた。4位は田中マルクス闘莉王選手、5位は本田圭佑選手だった。 

「缶けりを一緒にしたいサッカー選手は?」の回答の一部

 「THE CANKERI THE CLEARキャンペーン」とは、複数のインターネットメディアを介したウェブ上の缶けり大会。参加するにはTwitterのアカウントが必要となる。試合では参加者が「オニ」となり、つぶやきの情報をもとにするなどして、さまざまなウェブサイトの世界に逃げた逃亡者を捜し出す。この缶けり大会の決勝で上位に入賞すると、7月17日に実施するリアルな缶けり大会に出場できる。

THE CANKERI THE CLEARキャンペーンの特設ページ