マカフィー(加藤孝博会長兼社長)は、McAfee Labsが発見した偽のセキュリティプログラム「FakeAlert-AntiSpywarePro」を自社ブログで紹介している。

「FakeAlert-AntiSpywarePro」で表示するウィンドウ

 「FakeAlert-AntiSpywarePro」は、正規のセキュリティソフトを装った不正なスパイウェア対策プログラム。このアプリケーションを実行すると、警告のウィンドウを表示。数種類のシステムスキャンを実行するが、効果はない。また、多数のファイルを作成して、Internet ExplorerのBHO(ブラウザヘルパーオブジェクト)を含む一連のレジストリキーをインストールする。

 同社では、ウイルス対策を常に最新の状態にすると同時に、悪質なマルウェア作者が発信する「不安を煽る情報」の拒絶を呼びかけている。