オリンパスは、ICレコーダー「Voice-Trek(ボイストレック)」の上位モデルとして、ICレコーダーとして初めて2.2型カラー液晶とスケジュール機能を備えた「Voice-Trek DM-4」を7月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

Voice-Trek DM-4

 開口部の広いマイクユニットを90度外側に向けて配置するなど、高音質設計で原音に忠実な録音を実現。「ローカットフィルター」「ノイズキャンセル機能」「音声フィルター」など、ノイズを除去する機能を備える。

 ICレコーダーとして初めてカラー液晶を搭載。スケジュール機能を備え、月・週・日単位で予定を閲覧できる。予定の開始時間や終了時間など、マイクに向かって話すことで入力する音声認識機能付き。デジタルカメラで撮影した写真を取り込めば、画像を表示することもできる。

(左から)スケジュール機能、テキストスピーチ機能

 PCからテキストファイルを転送すると、「テキストスピーチ」機能によって文章を合成音声で読み上げて再生する。読み上げ中の文章は画面に表示。日本語だけでなく、英語にも対応する。

 記録媒体は容量8GBの内蔵メモリと、外部メモリとしてmicroSD/SDHCカードに対応する。録音形式は、サンプリング周波数が48kHz/16bitのリニアPCM(WAV)、MP3、WMA。サイズは高さ113×幅45×奥行き15mm、重さは98g。電源はリチウムイオン充電池。カラーはブラック。