アップルジャパンは、デスクトップ型のMac「Mac mini」のデザインを一新。グラフィック性能や拡張性を強化して、6月15日に発売した。価格は、Mac OS X Snow Leopard搭載モデルが6万8800円、Mac OS X Snow Leopard Server搭載モデルが9万8800円。

Mac mini

 従来モデルに比べ、グラフィック性能を2倍に高めたほか、新たにHDMI端子とSDメモリカードスロットを搭載。ハイビジョンテレビでビデオを鑑賞したり、デジタルカメラで撮影した写真などを簡単に取り込んだりできるようにした。

 継ぎ目のないユニボディ構造を採用したアルミニウムボディで、新たに電源を内蔵することで、外部電源アダプタを不要にした。サイズは高さ3.6×幅19.7cm×奥行き19.7cm、重さは1.37kg。従来モデルに比べ、高さは約1.5cm低くなったが、横幅と奥行きは3.2cmほど大きくなった。底部のパネルは取り外すことができ、メモリの拡張などが簡単にできる。消費電力は従来より25%低減し、アイドル時はわずか10W未満に抑えた。

 Mac OS X Snow Leopard搭載モデルは、CPUにIntel Core 2 Duo(2.4GHz)を採用し、GPUにNVIDIA GeForce 320M、2GBのメモリ、320GBのHDD、8倍速SuperDrive(DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)ドライブなどを搭載。Snow Leopard Server搭載モデルは、Intel Core 2 Duo(2.66GHz)、NVIDIA GeForce 320M、4GBのメモリ、2基の500GB HDDなどを搭載する。どちらもBTOでカスタマイズが可能。