マカフィー(加藤孝博会長兼社長)は、自社ブログで、サイバー犯罪が組織化しつつある傾向を発表した。

 サイバー犯罪組織には多くの従業員が働いており、企業としての体裁が整ったウェブサイト、企業プロフィール、スタッフなど、まるで合法企業のような組織をもっている。また、高度に専門化されたビジネスモデルに従って管理されている、としている。組織化レベルの高い地域として、東欧を挙げた。

 マカフィーは、なりすまし犯罪やフィッシング詐欺、偽のセキュリティアラートなどへの対策として、他社との連携を強化し、包括的なセキュリティソリューションの開発を推進している。