アップル、よりスリムになった「iPhone 4」を発表、国内は6月24日発売

ニュース

2010/06/08 15:45

 米アップルは、6月8日、iPhoneの新モデル「iPhone 4(アイフォーンフォー)」を発表した。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本の5か国で6月24日に発売し、その後9月末までに世界88か国で発売する。アメリカでの価格は、16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル。国内では従来どおりソフトバンクモバイルが販売し、6月15日から予約を受け付ける。

iPhone 4(ブラック)

 「iPhone 4」は、アップルの新しいCPUA4プロセッサ」と、従来の「iPhone OS」の名称を改め、100以上の新機能を盛り込んだ新OS「iOS 4」を搭載。外観は、ガラスとステンレスを組み合わせた美しいデザインに一新。高さ115.2×幅58.6×奥行き9.3mmと、従来のiPhone 3GSより薄くなった。重さは137g。カラーはブラックとホワイトの2色。

 新採用の液晶ディスプレイ「Retinaディスプレイ」のサイズは3.5インチで、解像度は従来の4倍の960×640ピクセルに向上。テキストや画像、動画を美しく表示する。カメラ機能を強化し、画素数は従来の300万画素から500万画素にアップ。新たにLEDフラッシュを内蔵し、オートフォーカスやデジタル5倍ズーム、720pのハイビジョンムービーの撮影に対応する。提供予定の新アプリケーション「iMovie for iPhone」をApp Storeから購入すれば、iPhone上で動画を編集することもできる。「iMovie for iPhone」のアメリカでの価格は4.99ドル。

 ビデオ通話は専用アプリケーション「FaceTime」を使用し、Wi-Fi通信時のみ利用できる。Wi-Fi(無線LAN)は、IEEE802.11b/g/n(802.11nは2.4GHzのみ)に対応。フロントとリアにカメラを備え、ビデオ通話中、いつでもボタンをタップするだけで前後のカメラを自由に切り替えることができる。

 新OS「iOS 4」は、新たにマルチタスクに対応し、フォルダやメールの改良、エンタープライズ機能のサポート強化などを実施。また、アップルが7月1日から開始する、iPhone/iPod touch向けモバイル広告プラットフォーム「iAd」に対応する。

 なお、既存のiPhone/iPod touchユーザー向けに、6月21日からOSの無償アップデートを行う。ただし、モデルによって利用できない機能があり、例えばマルチタスクを利用できるのは、iPhone 4とiPhone 3GS、第3世代のiPod touch(32GBまたは64GBの2009年後半モデル)のみとなる。

 アップルは、iPhone 4と同時に、従来のiPhone 3GSの8GBモデルを発売する。米国での価格は99ドル。また、iPhone 4をカラフルに彩る「Bumpers for iPhone 4」を発売する。カラーは、ホワイト、ブラック、ブルー、グリーン、オレンジ、ピンクの6色。

オススメの記事