レノボ、「IdeaPad」でBD・音響機能の「Z560」、薄型・軽量デザインモデル「U160」

ニュース

2010/06/08 14:41

 レノボ・ジャパンノートPC「「IdeaPad(アイデアパッド)」で、ブルーレイディスク(BD)や音響機能を搭載したノートPC「Z560」と、デザイン性の高い「U160」を6月25日から順次発売すると発表した。価格はすべてオープン。

天板に独自デザインを施した「IdeaPad U160」

 「Z560」はCPU光学ドライブの違いや、マイクロソフトの統合オフィスソフト「Office Personal 2010」の搭載/非搭載で4モデルを販売する。実勢価格は9-13万円台になる見通し。

 CPUにインテルのCore i5-450MまたはCore i3-350M、メモリは4GBか3GBを搭載する。光学ドライブはBDドライブのほか、DVDスーパーマルチも用意。オーディオ機能として、ドルビーAdvanced Audio機能を備える。

IdeaPad Z560

 4モデルともにディスプレイは15.6型で、16:9対応のLEDバックライト液晶を採用。解像度は1366×768ドット。OSはWindows7 Home Premium 64ビット正規版を搭載した。付属のリチウムイオン充電池で4時間の駆動が可能。サイズは幅376.8×奥行き249.8×高さ17.3-34.9mm、重さは約2.6kg。カラーはブラック。

 「IdeaPad U160」は赤を基調にした、タイルのような天板のデザインが特徴。同時に、最薄部22.5mm、重さが約1.25kgと薄型・軽量のノートPCに仕上げた。

IdeaPad U160

 CPUはインテルの超低電圧版Pentium U5400を採用。HDDが500GB、メモリは3GB。OSはWindows7 Home Premium 64ビット正規版。

 ディスプレイは11.6型のLEDバックライト液晶。130万画素のウェブカメラ無線LANやWiMaXといった通信機能も内蔵した。付属のバッテリーで約7時間の駆動が可能。サイズは幅290×奥行き193×高さ22.5-33.5mm。カラーはスクエア・レッド。

 「Office Personal 2010」を搭載・非搭載の2モデルを販売する。実勢価格は7-9万円台になる見通し。

オススメの記事