マカフィー、グーグルのWindows PC使用中止報道に自社ブログで見解表明

ニュース

2010/06/07 15:31

 マカフィー(加藤孝博会長兼社長)は、同社ブログで、「グーグルが従業員の一部に対し、マイクロソフトOS「Windows」搭載PCの使用を中止させようとしている」との一部報道を受け、自社の見解を表明した。報道自体の真偽は、現時点では確認されていない。

 マカフィーは、使用中止の原因として、グーグルをはじめ多くの企業が受けた「Operation Aurora」攻撃を挙げた。Operation Auroraは、Microsoft Internet Explorerの脆弱性を利用することでシステムにアクセスしてマルウェアをダウンロードし、データを盗み出すハッキング攻撃。

 同時に、Operation Auroraなどの攻撃は技術の問題ではなく、OSに関わらずシステムのユーザーの行動を利用するので、OSを取り替えても問題解決にならない、としている。

オススメの記事