東芝は、ノートPC「dynabook」の「TXシリーズ」から、3Dに対応する15.6型液晶搭載の上位モデル「TX/98M」を、7月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は25万円前後の見込み。統合ソフト「Office 2010 Home and Business」をプリインストールする。

 「TX/98M」は、左右の映像を高速に切り替えて表示することで画質の劣化を抑えるアクティブシャッター方式の3D技術を採用し、ゲームや映画など、迫力ある3Dコンテンツを楽しめる。

東芝の3D対応ノートPC「TX/98M」

 ブルーレイディスク(BD)ドライブ搭載で、夏頃に発売が予定される3D対応BDソフトが再生できる。3D専用メガネやエミッターが付属する。

 CPUにインテルのCore i7-740QM(1.73GHz)、GPUにNVIDIAのGeForce GTS 350Mを採用し、高速なデータ処理を実現した。メモリは4GB、HDDは640GB。画面は、120Hz倍速駆動方式の15.6型ワイド液晶を備える。

 IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANを搭載。OSは、Windows 7 Home Premiumの32/64ビット切り替え版をプリインストールする。本体サイズは幅380.5×奥行き254×高さ30-37.6mm。カラーはベルベッティブラック。