ソニー、米グーグルと提携、Android搭載ネットテレビを米国で2010年秋発売へ

ニュース

2010/05/21 16:23

 ソニーと米グーグルは、ソニーがこれまで培ってきたAV製品に関する技術力・デザイン力と、グーグルのオープンソースのAndroid(アンドロイド)プラットフォームとを組み合わせた新たな商品・サービスの開発・提供で提携すると発表した。Androidをベースとした、魅力あるハードウェアの開発を検討していく。

 提携の第1弾として、ソニーは、世界で初めて「Google TV」プラットフォームを採用したテレビ「Sony Internet TV」の開発を進めていることを表明した。

 「Google TV」プラットフォームは、米国・サンフランシスコで開催された開発者会議「Google I/O」で、米グーグルとソニー、インテルロジテックが発表したもの。「Sony Internet TV」は、簡単なユーザーインターフェースでインターネット上のコンテンツを検索・アクセスできるテレビで、快適な操作性やマルチタスクを実現するとともに、アプリケーションのダウンロードによって機能を拡張できるようにする。まずは米国で、ディスプレイ一体型とブルーレイディスクドライブを組み込んだセットトップボックス型の2タイプを、2010年秋をメドに発売する予定。

 また、両社は今後、新しいクラウドベースのユーザー体験の実現に向け、ソニーがもつ多様なエンタテインメント資産の活用も視野に入れた提携の検討を行っていく。

オススメの記事