NTTドコモ、渡辺謙さんや木村カエラさんがケータイに、5月11日から新CM

ニュース

2010/05/10 17:53

 NTTドコモは、5月10日、5月11日から放送を開始する新CMの発表会を開催した。CMのコンセプトは「ひとりと、ひとつ。walk with you」。渡辺謙さんや木村カエラさんが、それぞれ岡田将生さんと堀北真希さんの携帯電話に扮するという、ユニークな作品に仕上がった。

(左から)堀北真希さん、木村カエラさん、渡辺謙さん、岡田将生さん

 CMの第1弾は「岡田と謙さん」編。続いて、第2弾「堀北とカエラ」編を5月18日から放映する。ケータイの便利さや楽しさを感じてもらうため、ケータイを擬人化することで製品やサービスを魅力的に描いた。

 「岡田と謙さん」編は、若手ビジネスマンである岡田さんが街を歩くシーンを描く。その横に、ケータイである渡辺さんが、仕事やプライベートで、ぴったりと寄り添う。一方、「堀北とカエラ」編は、堀北さんの何気ない女の子の生活に、ビビッドなピンクの衣装を着た木村さんが、ケータイとして溶け込んでいるキュートな作品。スイーツを食べるときも、ヨガのレッスンをするときも、常に一緒。着メロまで歌ってくれる。

 渡辺さんは、CMの出演依頼がきたとき、「この歳でかぶりものはちょっと……。相談させてもらおうと考えていた」と会場の笑いを誘った。役づくりで気を付けたのは「使っている人(岡田さん)との距離感」だという。岡田さんは「渡辺さんがケータイなんて贅沢です」とはにかんだ笑顔を見せた。

木村さんと共演したCMについて話す堀北さん

 一方、堀北さんはCMの見どころを聞かれると、「かわいいケータイ」と木村さんがお気に入りの様子。木村さんは今回のCMソングとして、新曲『Ring a Ding Dong(リンガディンドン)』を発表。「携帯電話っぽい音ってなんだろう?」を考えてつくったそうだ。新曲は6月9日の発売。

 また、渡辺さんは自分のケータイを「チームメイト」、岡田さんは「親友」、堀北さんと木村さんは「友達」であると感じており、ケータイの大切さと楽しさについて、自らの体験を交えながら語った。

 発表会冒頭の挨拶で、荒木裕二・執行役員プロモーション部長は、「携帯電話はいまや家電やPCなど、家の中のものと連動している。若い人はケータイを『友人』、年配の方は『家族』と捉えており、身近な存在になっている」と、ユーザーとケータイのかかわりを紹介。こうした環境を踏まえたうえで、「ライフスタイルに合ったサービスを提供していきたい」と意気込みを語った。

荒木裕二・執行役員プロモーション部長

オススメの記事