ソニー、3D映像で昆虫や空飛ぶ人の視点を体験するイベント、GWに開催

イベント

2010/04/19 14:14

 ソニーは、3次元(3D)映像で昆虫の視点を体験するイベント「クワガタ・ウォーク~ソニーの3D映像で昆虫体験」と空を飛ぶ人の視点を体験するイベント「空飛ぶ人間の目~ソニーの次世代3D映像への挑戦~」を開催すると発表した。

 「クワガタ・ウォーク」では、マレーシア・ペナン島に生息する全長わずか数センチの昆虫の視点から見た世界を3D映像で上映。映像の制作にはソニーの3Dカメラを使い、接写用特殊レンズの視差を数ミリに設定。小さな昆虫の目幅で撮影することで、昆虫の視点と奥行きを感じることができる映像を実現した。超深度接写の独創的な作品性で知られる昆虫写真家の栗林慧さんを撮影監督に迎え、主人公をギラファノコギリクワガタに設定した。映像にはコーカサスオオカブトムシなどの昆虫が登場する。

「クワガタ・ウォーク」のイメージ

 「空飛ぶ人間の目」は、「もし人が空を飛ぶことができたら?」をテーマに、ジェットパックを背負った「ロケットマン」から見た映像と、ヘリコプターの空撮を合わせることで、参加者が空を飛んでいるような迫力と臨場感のある映像を再現した。毎秒240コマで自然で滑らかな3D映像を撮影できる単眼レンズ3Dカメラ(試作機)を使用。米国ユタ州のグレン・キャニオン、カリフォルニア州のロサンゼルス市街地上空などで撮影した。

「空飛ぶ人間の目」のイメージ

 「クワガタ・ウォーク」は4月24日-5月9日、東京・台場にあるソニー・エクスプローラサイエンスで開催。時間は11:00-19:00。入場料は16歳以上の大人が500円、3-15歳の子供が300円。

 「空飛ぶ人間の目」は4月29日-5月9日、東京・銀座のソニービル8Fのコミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)で開催。時間は11:00-19:00で、入場料は無料。

オススメの記事