マイクロソフトほか、電子書籍のバリアフリー化で協力、DAISYフォーマットで

ニュース

2010/04/06 17:20

 DAISYコンソーシアム、財団法人日本障害者リハビリテーション協会、マイクロソフトは、電子書籍のバリアフリー化への取り組みで協力し、米国や欧米の多くの国で障がい者向け電子教科書や電子書籍のフォーマットとして採用されているDAISY(デイジー)形式の文書をMicrosoft Wordで作成する日本語版アドインソフトの無償提供を4月6日から開始した。


 「DAISY」フォーマットで作成した文書は、音声で読み上げたり、読まれている部分をハイライト表示したりでき、世界中で視覚障がいや読字障がいのある子どもの学習に広く利用されている。

 「DAISY」フォーマットの文書を作成するためには、これまで専用の編集ソフトを使用する必要があった。今回無償提供を開始したアドインソフト「DAISY Translator」をMicrosoft Wordにインストールすれば、専門知識がなくても短時間で「DAISY」形式の文書を作成できる。

 「DAISY Translator」は、日本障害者リハビリテーション協会のWebサイトから無償でダウンロードできる。Microsoft Word XP/2003/2007に対応する。

オススメの記事