シネックスは、動画やゲームなどの3Dコンテンツが楽しめる独カールツァイス製のヘッドマウントディスプレイ「cinemizer plus(シネマイザー プラス)」を発売した。価格はオープンで、実勢価格は5万4800円前後の見込み。

cinemizer plus

 折りたたみ式のメガネ型で、手持ちの端末とつないで、室内だけでなく外出先でも3D映像が視聴できる。付属のクレードルは、iPhoneやiPodシリーズに対応。別売のAVケーブルを使えば、BD/DVDプレーヤーやPS3などの家庭用ゲーム機、PSPに接続できる。

 3D動画の再生は、左目用と右目用の映像を水平方向に2分の1に圧縮してそれぞれ画面に表示し、メガネを通して一つの立体映像に合成するサイド・バイ・サイド方式。解像度は640×480で、約2m離れた45型ディスプレイを視聴するのと同じ感覚で映像を楽しめる。

 ピント調節機能付きで、自分の視度に合わせて調整可能。可動式のイヤホンを備える。電源はクレードル内蔵のバッテリで、PCからUSB経由で充電する。駆動時間はフル充電で約4時間。メガネの重さは115g。カラーはブラック。持ち運び用のケースが付属する。